情報サービスとの違い

heart

結婚相談所の仕組みとは

婚活は非常に様々な方法がありますが、数ある方法の中でも成婚率が高い方法なのが結婚相談所です。一般的な結婚相談所は、アドバイザーやコンシェルジュ、仲人スタッフと呼ばれる仲介役が間に入り、実際に婚活をしている人からヒヤリングを行った上でお相手を紹介します。初期の結婚相談所は経営者と仲人役が一緒という非常に小規模なものも多くあり、お見合いに近い婚活ともいえました。現在ある結婚相談所も小規模なところはありますが、結婚相談所同士のネットワークで結ばれているため、紹介できる会員数が非常に多くなっている点に特徴があります。結婚相談所の中でも、近年登場したサービスに、結婚情報提供型のサービスがあります。従来型の結婚相談所は人による紹介であったため、紹介できる人数に限りがありましたが、情報提供型のサービスではインターネット上に入力した条件に基づいて自動で相手を紹介します。そのため条件さえ合えば紹介できる人数も多く、インターネットを通じて紹介できるため自宅にいても婚活ができるというメリットがあります。ですが、情報提供型のサービスにもデメリットはあります。条件が合う相手を自動でピックアップしてくれるのはよいのですが、人柄などは考慮せずに選ぶことになるため本当に合うかどうかはわかりません。また、スタッフの仲介がないことが多いので見極めややりとりなどは自分で行わねばなりません。人が仲介すると思わぬ人を紹介されることもありますが、第三者から見た相性が案外合っていることもあり、意外な相手と気が合うという面白さもあるのです。ですが、仲介役との相性がよくなければこういって面白さも発生しないので、どちらがよいかは場合によります。

Copyright© 2017 結婚したいなら婚活をはじめよう|自分に合った方法を探すべし All Rights Reserved.